お尻の黒ずみを治せる薬が欲しい!」って、必死で探してませんか?これに悩んでた当時の私はまさにそんな感じで、いろんな情報をチェックしてました!

そんなときに見かけて気になったのが「アットノン」!お尻の黒ずみに悩んでる人たちの間で、「これってどうなの?」と、よく話題に上がる薬です!

アットノンはごく普通の市販薬ですから、これで黒ずみを治せたら手軽でいいですよね!実際どうなのか、いろいろ調べてみました!その結果をご報告します!

お尻の黒ずみにも使えるか!?アットノンとは?

attonon

アットノンとは、薬局などでも売られている市販薬の1つで、ちょっと特殊な傷薬って感じです!その主な効果は・・・?

・残ってしまった傷跡を消す
・今あるひび割れ・打ち身などのケア
・膝などのガサガサをスベスベに!
・筋肉痛、関節痛を和らげる



大きな特徴は「昔の傷跡を消せる」ってこと!小さい頃に擦りむいてできた傷跡とか、お料理中に油がはねてできた火傷の跡とか、そういうの、よくありますよね。

女性としては、やっぱり傷一つない綺麗なお肌が理想ですよね!綺麗に治らなくて残った昔の傷跡って、ひそかな悩みのタネになったり・・・。

そういう昔の傷も消してくれる薬が、この「アットノン」です!

アットノンが使える部位、症状ってたとえば?

部位 よくある使用例
腕・ヒジ 料理などの際の火傷跡
ひじのガサガサ
二の腕 虫刺され・引っ搔き傷の跡
手・指 あかぎれ・ひび割れ・しもやけ
転んだ後の擦り傷跡
かかとのガサガサ

体の部位ごとによくある使用例は違うんだけど、そこでよくある傷跡とか、ガサガサとか、打ち身やひび割れとかに効くって感じ!

ちなみに、普通の傷薬じゃないので、ついたばかりの傷や、治りかけの傷には使えないみたい。あかぎれとかひび割れを除いて、今ある傷に間違って使わないように気を付けてくださいね。

アットノンを傷に塗る、次のような「傷跡」に使うって感じ!

・完全に治りきっている
・色だけが赤い
・盛り上がりやツッパリがある

こういう状態で、跡は残ってるけど、傷自体はちゃんと治ってるなら、アットノンが使えます!その傷ができてから1~2年くらい経っててもOK!

アットノンはこういう特殊な傷薬って感じの市販薬です!

お尻の黒ずみとは関係ある?アットノンの成分・効果とは!?

532798

「昔の傷跡を消せるなら、もしかしてお尻の黒ずみも消せるの!?」って期待しましたけど、残念ながらちょっと違うみたい。アットノンの主な成分と、その効果は・・・?

主な成分 効果
ヘパリン類似物質 保湿・抗炎症・血行促進

アットノンの効果を簡単に言うと、「お肌の再生を促す」ってことです!そのためにあるのが、お肌を保湿したり、炎症を沈めたり、血行を促したりっていう各効果なんですね。

これら効果のおかげで、古い傷跡を部分的に再生!その結果、古い傷が目立たなくなったり、完全に消えたりするわけです。

お尻の黒ずみの原因や、それを治せる成分とは?

それが傷ならアットノンで治せたりするわけですが、じゃあお尻の黒ずみって何なんでしょうか?これができる仕組みは・・・?

・お肌に溜まったメラニンが原因
・メラニンとは黒い色素のこと
・お肌が刺激を受けるとメラニンが作られる
・メラニンがお肌に溜まると黒ずむ!

お尻の黒ずみの方は、お肌の中に「メラニン」が溜まってるのが原因!メラニンは新陳代謝で自然になくなるけど、新陳代謝が乱れてたり、メラニンが大量発生してると、お肌の中に溜まるみたい。

コレを治すための専用クリームとかあるんだけど、それらクリームの効果の仕組みは・・・?

・メラニンの色を薄める
・メラニンを除去する
・新しいメラニンを減らす
・お肌をケアして新陳代謝を促す

黒ずみの直接の原因はやっぱり「メラニン」なので、これ対策が特に大事みたい。ほとんどの黒ずみケア商品は、こういう「美白効果」がメインですね。

これに、お肌を保湿したり、炎症を沈めたり・・・っていうお肌のケア成分が入って、ダブル効果でだんだん黒ずみが薄まるって形が多いですね!

アットノンに美白効果はナシ!お尻黒ずみには少し使いづらい?

お尻の黒ずみケアにはとても大事な「美白効果」は、アットノンには特にないんですね。だからアットノンでお尻の黒ずみを治すのは、かなり難しいみたい。

・アットノンではメラニン対策ができない
・メラニンが減らないことに黒ずみは治らない
・アットノンだけじゃ黒ずみは薄まりにくい?

アットノンでできるのは、お肌の再生を促すことだけ。一応、これも黒ずみ対策の一環にはなるんですが、メラニン対策をせずにこれだけで黒ずみを治すのは、かなり難しいと思います。

実際、アットノンの効果・効能に「お肌の黒ずみ」って、入ってないですしね。

こういうわけで、一見するといけそうな感じもするアットノンだけど、詳しく調べると「ちょっと違うかな?」って感じでした。

お尻黒ずみに使ってみたいときは?アットノンの選び方・使い方

896756

お肌の再生は促してくれるってことで、お尻の黒ずみにアットノンを一応使ってみたいとき、まずはアットノンを買いに行きましょう。

アットノンには4つのタイプがあります。

・透明ジェルタイプ
・クリームタイプ
・コンシーラータイプ
・ローションタイプ

お尻の黒ずみに使うなら、べたつきが少なくてすぐに下着をはける「透明ジェルタイプ」か、もしくは広範囲に塗りたいときに使える「ローションタイプ」がオススメですね。

アットノンは薬局やアマゾンなど、いろんなところで普通に売ってます。値段は内容量やタイプ、お店によって微妙に変わりますけど、だいたい1千円程度ですね。

アットノンの使い方とは?

・使用回数は1日1~数回
・適量をお尻の黒ずみへとすり込む

使用方法はそれほど厳密な決まりはないみたい。1日に1回から数回、適量を塗ればOKです。目安が欲しい人は、1日2回くらい塗るといいですよ。

あまりに頻繁に塗ったり、大量に塗ったりしても効果は変わらないようなので、適度に塗ってみてください。

アットノンの使用注意点

さっきも言ったけど、まだ治りきってない傷にアットノンは使えない・・・など、アットノンにも使用注意点があります。

使えない傷の状態 傷が乾いていない
乾いたかさぶたができている
薄いピンクの皮がピンと張っている
使えない人の条件 出血性血液疾患の人
使えない部位 目、目の周囲、粘膜

特に気を付けたいのは「傷の状態」「部位」。傷が治りきってない場所に使うと、傷が悪化したりします。出血がひどくなったりするので、治ってない傷には使わないでくださいね。

また、アットノンは粘膜部分には使えないので、お尻に使うのはいいけど、デリケートゾーンにまで間違って塗らないように、ちょっと注意してください。

アットノンにも副作用あり!試すときは注意

それほど効果の強い薬じゃないけど、アットノンにも副作用があります。

・ブツブツ
・赤み
・かゆみ
・はれ

アットノンを使ってこういう症状が出たら、使用をすぐに中止して病院に行ってください。一応「薬」になるので、こういう注意点は確認の上で試すようにしてください。

アットノンでお尻の黒ずみはやっぱり治らない?一応試してみた

77

アットノンを買ってみた

「お尻の黒ずみがちょっとでも治るかもしれないなら!」と、一応アットノンも試してみることに。近場の薬局にあったし、値段も安かったですしね。

選んだのは、透明ジェルタイプ。コレが基本製品っぽかったし、あまりべたつかないのがよかったので、コレにしました。

実際にお尻に塗ってみると、確かにべたつきが少ない!べたつくクリームなどを塗ると下着の中で蒸れたりして気持ち悪いので、べたつきが少ないタイプにしたのが正解でした!

お尻の黒ずみへの効果は・・・?

・やっぱり変化なし
・1週間で使用をやめた

お尻の黒ずみの改善薬じゃないということで、元からあまり期待してなかったけど、やっぱりそんな感じでした・・・。お尻の黒ずみは、全くと言っていいほど変わらず(笑)

「やっぱり無理か・・・」と思って、1週間ほどで使用は中止に。特に肌荒れとかはしなかったからよかったんですけど、やっぱりお尻の黒ずみにはあまり使えなさそうです・・・。

まとめ

こんな感じで、アットノンは古い傷跡とかを消す特殊な薬だけど、お尻の黒ずみにはあまり関係なさそうという結果に。

アットノンの口コミを見ても「黒ずみが治りました!」って声はなかったし、私自身も実際に使ってみて効果を実感していないので、裏ワザ的に使えることもなさそう。

お尻の黒ずみを治したいなら、アットノンよりも黒ずみケア専用の美白クリームとかを使った方がいいと思います!